かにの内子の食べ方

かにの内子の食べ方

かにの内子の食べ方

かにの内子について

 

かにの内子(うちこ)とは、まだ卵になる前に未成熟の状態の卵のことを指します。
ちなみに成熟し、産卵直前の卵は「外子(そとこ)」と呼ばれています。
意外と知らない人も多いのですが、かにを味わい尽くすのであれば内子の美味しい食べ方も知っておきましょう。

 

ちなみに、かにの甲羅を外して紫色(茹でるとオレンジ色)のものが見えるとそれが内子です。
ふんどしの部分に付いている粒状のものが外子です。
濃厚な味わいが人気ですが、かにみそが好きならば内子、数の子のような食感が好みならば外子でしょう。

 

茹でて

かにをそのまま茹でてしまえば、内子もそのまま食べることが出来ます。
一番シンプルな食べ方かもしれませんね。
酢醤油やわさび醤油、マヨネーズなどと和えても美味しいですよ。

 

内子の塩漬け

ガーゼなどで内子を包み、周りに塩をつけます。
重しを乗せて8時間ほど経てば完成です。
内子がどろどろになればOKです。
ご飯にそのままのせても良いですし、酒の肴としても最適ですよ。
注意点は塩がしっかりと染みこむように時間をかけることです。
8時間以上であれば大丈夫でしょう。

 

内子の醤油漬け

内子は醤油漬けにしても美味しいです。
だし醤油などで漬けます。

 

内子の塩漬けや醤油漬けは加工品としても売っていますが珍味として高価ですよね。
家庭で作ってみるのもまた一興ですね。

 

味噌汁に

味噌汁の仕上げに内子を入れるだけでもコクが出ますが、内子を味噌と一緒にすりつぶして味噌汁に入れるとさらにコクが出て美味しくなります。
普段の味噌汁のアクセントとしてもおすすめです。

 

パスタのかにソース

かにみそと内子や外子を使ってパスタ用のソースはいかがでしょうか。
かにみそだけでは得られなかった深みが増しますよ。
もちろんかにの身を一緒に和えれば「親子パスタソース」になりますね。

 

かに鍋の隠し味として

かに鍋に内子を入れるとコクが増して美味しくなります。
かにの旨味満載の鍋は絶品ですよ!

 

外子の食べ方

外子も内子と食べ方はほぼ同じです。
ただし、塩漬けよりも醤油漬けの方が向いています。

 

ちなみに外子は受精後は味が落ちるといわれています。
受精前の外子は赤い色なので「赤子」、受精後の外子は黒くなるので「黒子」と呼ばれることもあります。

 

内子・外子のついたかに

内子や外子に付いたかには大変貴重でなかなか市場に出回りません。
もしかに通販で見かけたら迷わずゲット!でしょう。
かに大好き!な人は内子や外子のためにわざわざメスばかりを購入するそうですよ。


ホーム サイトマップ