豆知識・カニの数え方

豆知識・カニの数え方

豆知識・カニの数え方

食材の数え方って独特のものがあって戸惑いますよね。
かにも独特の数え方をします。

 

通常生きているかには「一匹、二匹」と数えて問題ありません。
しかしひとたび食用として並べられた場合には、「一杯、二杯(いっぱい、にはい)」と数えます。
いかと同じですね。

 

そもそも江戸時代や明治時代には、かには大量に収穫されていた食材でした。
値段もそれほど高くなく、漁師たちは秣桶のような丸い桶ごとで取引していたそうです。
そんな名残から、かにを数えるときは「一杯、二杯」と数えるようになったようです。
それにしても少し前までは山ほどのかにが一杯だったのに、今では一匹が一杯と、ずい分目減りしてしまいましたね。

 

ついでに、甲羅を外して足と肩の部分をまとめてひとつにしたときは、「一肩、二肩(ひとかた、ふたかた)」と数えます。
二肩揃うと一杯(一匹)分になりますね。

 

さらに地域によっては、一盃、一枚、一つ、一個、一尾などと数える場合もあるようです。
どれも間違いではありませんよ。

 

最近は通販などでかにを買う方が増えていますから、重さで表示されている場合が多いようです。
キログラムで販売されていることが主流のようですね。

 

こんなところでも日本語のややこしさを感じますが、同時に歴史も感じられて面白いですね。


ホーム サイトマップ